インフルエンザの自然治癒の方法と何日で完治するのか?

どうも暇人です。僕は数年前にインフルエンザになってから毎年予防接種を受けているのですが。

仕事柄たくさんの人と接する機会も多く、どうしても菌をもらいがちです。

なので何年かに一度インフルエンザにかかります。

そんな時、病院に行く時自然治癒で治す時があります。

そのわけは、病院に行くとタミフルやリレンザという薬を処方されると思いますが、実はこのタミフルやリレンザという薬はインフルエンザの時に飲んでもインフルエンザの菌を殺す事はできないらしいです。

ではなぜこの薬を飲むのかというと、この薬を飲む事によってインフルエンザの菌の増殖を抑える効果があるからです。

なので菌が完全に増殖するまでに飲むと効果があるそうです。

タミフルの場合は2日以内に飲むと効果があるとされています。

つまりインフルエンザになってすぐに薬を飲むと効果があり、インフルエンザが完治するまでの時間が短縮できるという事です。

スポンサードリンク


自然治癒は5〜7日で治る

人ごみ

個人差がありますが、栄養と水分補給に気をつけて安静にしていると健康な人であれば薬を飲まなくても5〜7日で完治する事が多いらしいです。

また2003年のデータだと世界でつくられているタミフルの60〜70%が日本で消費されています。

どうやら世界の人達はインフルエンザも普通の風邪の延長ぐらいに考え病院に行かないのかもしれません。

ではインフルエンザに対して敏感になり過ぎず、自然治癒に任せた方が良いのでしょうか?

 

自己判断が大事

渋谷

結論から言うと自己判断でしょう。もちろん早くインフルエンザに気づいてウイルスが増殖しきる前なら病院に行き、インフルエンザを早く治した方がいいと思います。

それ以降に病院に行っても治るまでのスピードはそんなには変わらないそうです。

ただ病院では解熱剤をだしてくれたりもします。

しかし病院に行く事で他の人にうつしたり、他の人から違う病気をもらったりするかもしれません。

また小さい子供などは病院に行く事が身体に負担になる事もあります。

なのでインフルエンザの患者の健康状態(寝不足、栄養不足、疲労、持病、精神状態)などと相談して病院に行くか決めましょう。

インフルエンザがひどくなると肺炎になったりもしますし、子供の場合は脳症になる可能性もあるので必ず様子を見ながら少しでも気になる場合は病院に行きましょう。

 

薬を使うリスク

人ごみ

インフルエンザの薬タミフルには副作用があるみたいです。

タミフルとのはっきりとした因果関係は不明ですが、

幻覚、幻視、幻聴などからの異常行動が見られる場合があるそうです。

この異常行動によって転落、飛び降りして亡くなられた方もいます。

なので、今では10代の人にタミフルはほとんど処方されません。

また解熱剤を使うのに反対の人もいます。

というのも熱を下げる事はインフルエンザに対する免疫の働きを抑えるので治るのが遅くなったり、重症化すると言っている人もいますが、

これについても身体がウイルスに過剰反応して体温を上げすぎるという事もあるので解熱剤を使った方が身体に対しての負担が小さくて済む時もあるでしょう。

この辺も体温を測り、医者とよく相談してどんな治療にするかを決めると良いでしょうし。

 

まとめ

 

インフルエンザになったら期間や身体と相談して病院に行か決めましょう。

インフルエンザになった直後に病院に行くと治るまで早くなります。

それ以降は薬を飲んでも治るまでの期間が極端に短くなる事はなさそうです。

また、インフルエンザウイルスはワクチンに対応しようと少しずつ変化してきています。これから先も人間とウイルスの日進月歩は続くと思います。

健康に気をつけて、インフルエンザに強い身体を作る事が1番大切かもしれませんね。

色々と賛否はありますがインフルエンザの予防接種を受ける事も大切だと思います。

日頃から免疫を高めるようにしてインフルエンザにならないようにしましょう。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。


スポンサーリンク



コメントを残す