ボルト選手の神対応!ガトリン選手の隠れた神対応も…

トラック競技

 

どうも暇人です。ボルト選手の神対応が話題になってますね。

今2015年陸上の世界選手権北京大会がやっていますが。

超一流のアスリートは気遣いも超一流なんですね。

見てなかった人に事の経緯を簡単に説明すると…

 

事の経緯は

 

陸上の世界選手権200メートル決勝でみごと優勝したウサイン・ボルト選手、

そのレース後に観客の声援に応えて手を振りトラックを歩いている

後からセグウェイに乗った地元のカメラマンに追突され転倒されるという事件が起きました。

その後の対応が神対応だったと言われています。

自由の女神

 

どんな神対応だったの

 

カメラマンに衝突され怪我をしてしまったボルト選手は、足に傷ができ傷口からは血がにじんでいました。

しかしボルト選手は自身の怪我の具合を軽く確認するとすぐにカメラマンのもとに向い、声をかけて握手をしていたのです。

ボルト選手は『カメラマンの方がすごい倒れ方をしていたから無事かどうか確認した、大した事がなくてよかった。』

と話すなど器のでかさを見せつけていました。

その後のガトリン選手(ボルトと一緒に200メートル決勝を走った選手)との会見でも

『怪我は大丈夫』とした上で冗談で『あのカメラマンはガトリンが雇ったと言う噂を広めようかな?』などと粋な発言をしています。

まさに神対応!

やさしいですね。ボルト選手にぶつかったカメラマンは『人類最速の男』を怪我させてしまったのですから顔面蒼白だったでしょうけど、

このボルト選手の発言によって少し救われたかもしれませんね。

それとボルト選手に『ガトリンに雇われた』と冗談を言われたガトリン選手は『カメラマンは(ボルトを怪我させる)仕事を失敗したから元(中国の通貨)を返して欲しい』と話していて、

これも隠れた神対応だと噂になってます。

アスリートはさわやかでやさしい人が多いのですかねぇ〜

スポンサードリンク


この他の神対応も

 

他にもボルト選手には神対応の伝説が多くあります。

有名なのがボルト選手のインタビュー中に、他の競技の表彰式が行われていて、

の時にアメリカの国歌が流れてきたとたんに国歌が終わるまでインタビューを中断するという事もありました。

これはボルトがアメリカ国歌を聴きたかったわけではなく笑、

アメリカ選手に対する、また他の国の人に対するリスペクトを忘れないという気持の現れです。

 

ボルト選手の人柄は

 

私は日本のテレビでボルト選手が出ているのを観た事がありますがインタビュアーの中で何を聞かれても真摯に答えているのが印象的でした。

前の記事でクリスティアーノ・ロナウドがすごい良い人だったというブログを書きましたが超一流の選手は振る舞いも超一流なのかも知れませんね。

 

クリスティアーノ・ロナウドの神対応記事はこちら

 

以上です。 このブログでは『暇人が暇な時間を使って話題のニュースを分かりく』をテーマに作っています。 分かりやすいなと思ってもらえたら幸いです。 最後まで読んでいただきありがとうございました。


スポンサーリンク



コメントは受け付けていません。