インフルエンザの予防接種の料金の違いはなぜ起きるのか?

どうも暇人です。そろそろ寒くなってきましたね。寒くなってくると気になるのがインフルエンザですよね。

特に受験生がいる家庭や受験生などにとってはインフルエンザは大敵ですよね。

インフルエンザにかかりたくない人は予防接種を受けてみてはどうでしょう。

インフルエンザはよく新型が誕生しますが、予防接種を、しないよりもした方がいいと思います。

そんな時に気になるのが予防接種の値段ですよね。

インフルエンザの予防接種の料金って病院や診療所によって違うって知ってましたか?

かかりつけの病院がある場合はそこに行っても良いですが、特にこだわりがない人は安い所で予防接種を受けると良いと思います。

値段もネットで調べたり、電話などでも教えてくれますよ。

ですが、探す前にまずはどれ位の値段が相場なのかを知ってから病院や診療所を探していきましょう。

スポンサードリンク


平均は3000円位

医者

行く病院や地域、年齢によって1000円〜5000円とまちまちです。

場所によっては6000円以上という所もありますが。

大体、成人の予防接種にかかる料金の平均は3000円位ですね。

子供は2回受ける事が多いので少し高くなりますが、2回目はタダという所もあるそうです。

インフルエンザの予防接種を受けにいったら、友達は1000円だったのに私は5000円だったという事も十分にありえます。

電話やネットなどで事前に調べていった方が良さそうですね。

 

予防接種は自由診療なので病院が値段を決められる

 

予防接種は自由診療です。基本的には健康保険が効きません。全額自己負担になります。

また保険の適用外のため料金を決める権利は基本的には病院や診療所にあります。

そのため病院によって値段の違いが生まれます。

 

値段の違いは防腐剤?

医者

こんなにも値段の違いがあると品質の違いが気になりますよね。いくら安いからといって全然効き目がない予防接種をしたのでは意味がないですよね。

色々と調べてみた結果、値段による品質の違いはそんなにないみたいで、あくまでも病院や診療所によって値段は決められています。

ただ防腐剤が入っているのと、入っていないのはあるみたいで防腐剤が入ってない方が値段が高いそうです。

そんなに品質に差がないとしたら安い所に行った方がいいと思います。

 

安くしたり、高くするのは病院側の思わく?

医者

値段の違いが大きく出る理由の一つに在庫ロスが出やすいというのもあります。

というのもインフルエンザのワクチンは2回分が1パックになっていて、開封してしまうとその日のうちに使い切らないといけないため、1本が無駄になるリスクがあり料金を高く設定している所もあるそうです。

逆に病院の宣伝のためにほぼ赤字の料金で予防接種をしている所もあるみたいですが…

また予防接種に割く人員が少ないために高めに設定して、来る患者をおさえている所もあるそうです。

 

自治体の制度を使って安く予防接種をする

 

65歳以上の人は自治体がインフルエンザワクチンの費用の一部を補助してくれる制度があります。

また持っている病気(持病)によっても助成が出たり、無料になる事がありますので、該当する人は調べてみましょう。

 

予防接種は11月~12月中旬までに

医者

予防接種はいつ頃受けるのが良いのでしょうか?インフルエンザが流行するのは12月中旬〜3月位なので、なるべく12月中旬位までに済ませておくといいでしょう。

予防接種の時期としては11月~12月中旬がベストな時期だと思います。

この時期に忘れないようにしましょう。

 

まとめ

い者

インフルエンザの予防接種の料金は病院や診療所によって違います。

インフルエンザのワクチンは防腐剤のあり無しはありますが、値段による品質差はほとんどないです。

成人の場合は3000円を1つの基準にしてより安い病院や診療所を探してみると良いと思います。

電話で問い合わせたりネットで確認して節約しましょう。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。


スポンサーリンク



コメントを残す