初心者でも簡単!堤防からのカワハギ釣りとその仕掛け

どうも暇人です。カワハギは堤防釣りの人気のターゲットだと思います。

その理由の1つ目は釣って楽しい

カワハギは好奇心旺盛でおちょぼ口を使って果敢にエサにアタックしてくるのですが、おちょぼ口なのでなかなか口に針が入らない。

そんなカワハギはエサ取り名人と呼ばれ釣り人に愛されています。

エサ取り名人のカワハギとの駆け引きは手に汗握るほどおもしろいです。

2つ目はカワハギが食べてもおいしい魚だからです。

カワハギ自体の味はとても淡白なのですが釣ったばかりの新鮮なカワハギは肝まで食べる事ができるので肝醤油を作ってそれにつけて食べると最高です。

そんな釣っても楽しく、食べておいしい魚を堤防から簡単な仕掛けで狙ってみましょう。

少しの道具があれば簡単に釣る事ができます。

スポンサードリンク


カワハギ釣りの仕掛け

カワハギ

カワハギは基本的には海底付近にいる事が多い魚です。

なので沈めて使う様な仕掛けを用意します。

といってもカワハギ釣りの仕掛けは簡単です。

針のセットとオモリがあればOKです。

こだわって釣る人などは色々と仕掛けを自作するみたいですが。市販品を組み合わせただけでも十分な数を釣る事ができます。

僕のおすすめの仕掛けは同付き仕掛けという針のしたにオモリが付いているだけの仕掛けです。

この仕掛けの良い所はオモリが下についているので魚のアタリがダイレクトに伝わってくることと、また、カワハギ釣りは海底が砂地の所でも釣れるのですが、海底が複雑になっている所にもいるので、そういった所で釣る場合は針が海底に直接触れる事がない同付き仕掛けは根がかりの心配がなく比較的快適に釣る事ができます。

仕掛けはこんな感じです。

カワハギ仕掛け

 

竿

 

竿は普通の硬さの竿があればオーケーです。柔らかすぎず硬すぎない竿を選びましょう。

カワハギ釣りは細かなあたりがあるので感度がよい竿の方が良いですが、

初心者の方は大手釣具屋の店先に並んでいる4000円ぐらいでリールとセットになっている竿などでも十分です。

 

針(仕掛け)

針

同付き仕掛けのカワハギ用の針を買いましょう。

船釣り用や同付き以外の仕掛け(オモリの先に仕掛けをつけるタイプ)などもあるので注意してください。

 

オモリ

 

オモリは7号ぐらいを目安に使うと良いです。状況に合わせて軽くしたり重くしたりしましょう。

潮の流れが速い場合などは重くしたりするので色々な重さのオモリを持っておくと便利です。

この仕掛けを買って繋げるだけでセット完了です。簡単でしょ?

 

釣り方

海

まずは遠くに投げます。仕掛けを投げ入れたままでも良いのですがタルミが出てしまうとカワハギのアタリが出にくかったり、針にかかりにくくなったりするので、少しずつ海底をずるずるとひいてくると良いと思います。

時々、竿先を揺らしたりするとカワハギにアピールになるのでなかなか釣れないなという時はためしてみてください。

海底が複雑な地形、根があるなどの時は、糸をたるませたり、竿をねかし過ぎると寝がかりの原因になるので注意しましょう。

 

エサ

イワイソメ 出典元wikimedia

イワイソメ 出典元wikimedia

エサはゴカイやアオイソメが良いと思いますが。

細いムカデ見たいな外見から気持悪くて触れないという人はアサリやガルプというゴカイに似せて作られたルアー(ワーム)があるのでそれを使いましょう。

ただ、エサ持ちや釣果の安定感から見るとアオイソメなどが良いような気がします。

大丈夫な方はアオイソメを使いましょう。

 

カワハギの釣れる時期

 

カワハギ釣りは基本的に1年中釣れます。ただ寒い時は釣れにくくなるのでおすすめはできません。

また初夏の時期から(5月中旬〜7月下旬)は産卵時期なので狙わないであげると釣り場のカワハギの数が増えるでしょう。

地域によっては禁漁になってる所もあるそうです。

ちなみにカワハギの旬は8月から9月と言われています。

 

参考になりましたでしょうか?ルアーで何もつれない時にお土産としてカワハギを釣って帰ります。皆さんもおいしい魚が食べたいなという時はカワハギ釣りにチャレンジしてください。


スポンサーリンク



コメントを残す