堤防での釣りの防寒着でおすすめは?安い物でも防寒はOK!

どうも暇人です。釣り好きの方は冬になっても釣りに行きたいですよね。

そこで心配になってくるのがどんな服装をしていけば良いのかという事ですよね。

いざ行ってみたら寒くて釣りにならなかったでは残念すぎます。

そうならないためにもしっかりと防寒着を用意して釣り場に行きましょう。ここでは僕が千葉の房総や伊豆で冬の釣りでの服装をご紹介します。

ただし釣り場によっては参考にならないかもしれません(北海道だとか)。

また長年の釣りでいつも思う事なんですが、体感温度には個人差が結構あります。

ほぼ同じ装備なのに自分は全然寒くなくても、一緒に行った友人は寒くてたまらんという事もありました。

なのであくまで参考までにしてください。それと冬に釣りに行く場合はいつでも非難&帰れるように車で行くと安心です。

スポンサードリンク


防寒着<釣り具?お金がない人は安い防寒具で十分!?

防寒

釣りの場合防寒スーツというのが上下セットで売っているのですが、とりあえずそれを買うのが良いと思います。

ただし、防寒スーツは物によって値段の差が結構あります。

安いのは6000円ぐらいで買えますが、高いのだと50000円以上します。実に10倍以上の値段差です。

僕はゴアテックスの物と安い6000円ぐらいの物を持っていますが、防波堤などでの簡単な釣りの場合は6000円ぐらいの物を使っています。

それでも暖かいですし気兼ね無く使えるので十分です。

安い物でも見た事もない様なメーカーでもないかぎりは防寒性能は十分でしょう。

ただし安い物は

 

透湿性が弱かったり

ズボンにサスペンダーがついていないのでずり落ちやすい

ポケットなどの収納性がいまいち

見た目がかっこわるい

素材が安っぽい

 

などなど問題も多々あります。

例えば、険しい釣り場で釣りをする方、激しい動きのある釣り、駐車場から釣り場までの距離が遠い、険しい場所などでの釣り、などの場合は大量に汗をかきますので、値段の高い透湿性の優れた物の方が快適に釣りができます。

港の堤防で釣りをする場合は安いので十分ですよ。

もちろんお金に余裕がある人は高いのを買った方が良いと思います、

奥さんに決められたお小遣いで釣り具を買っているなど、使えるお金に限りがある人は、防寒着よりも釣り具にお金をかけましょう。

防寒着にお金をかけても釣果は伸びないですが、釣り具にお金をかければ釣果に繋がるかもしれません。

 

保温する素材をうまく使う

火

 

アウター『防寒スーツ』

インナー『フリース』

    『発熱インナー』

 

保温機能のあるフリースなどを中に着るとより防寒の効果があがりますよ。

フリースなども値段によって保温性能が全然違うので財布と相談して決めましょう。

ユニクロなどで売っている物でも良いですが、登山用のちょっと高いものだとより暖かいです。

最近では発熱してくれるインナーなどもあるのでそれらもうまく組み合わせるといいでしょう。

また、3つの首。首もと、手首、足首をガードすると暖かいです。

 

海はそんなに寒くない?

冬

海の水温は2ヶ月遅れでやって来ると言います。

12月ぐらいだとまだ水温も暖かく海風も暖かいです。

なので釣りをしていてもそこそこ暖かいので快適に釣りをすることができますし、水温や潮によっては釣果に恵まれる事も多いです。

2月ぐらいになると水温も低く、海風も一層冷たくなるのでなかなか釣果も厳しくなる事が多いです。

 

自分にあった防寒着を!

 

安い防寒着でも防寒機能は十分です。ただ快適性は高い防寒着の方があります。

快適性を求める場合は高いのを買うと良いでしょう。

ただし、防寒着よりも釣り具にお金を使った方が釣果に繋がるので釣り具の方にお金を使う方がおすすめです。

寒い時期も防寒着を来て釣りに行きましょう。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。


スポンサーリンク



コメントを残す