江ノ島って釣りができるの?江ノ島釣り場紹介!

どうも暇人です。関東周辺に住んでいる方は釣りに行く時にどこに行きますか、千葉や伊豆に行くという人は多いと思いますが、江ノ島に釣りに行くなんてどうですか?

江ノ島というと観光地のイメージがありますが。

江ノ島でも釣りはできます。

江ノ島には1年に何度か仕事で行く機会があるのですが、その時に少しだけ釣りをします。

スポンサードリンク


江ノ島周辺には結構釣り場があるんですよ。

アクセスも電車で気軽に行けるので楽です。

今回はそんな手軽に行ける江ノ島周辺の釣り場を『お手軽ファミリー向け釣り場』と『大物ねらいの磯釣り場』の2つに分けて紹介します。

行くメンバーに合わせて選んでみてください。

江ノ島

ただし、釣り場は突然に釣り禁止になったり、地元のルールがあったりなどもあります。釣り場に行く際は地元の釣具屋さんなどに問い合わせしてから行くと安心です。

また、混んでたりして、釣りができない場合は他の釣り場を探しましょう。

なので、釣り場に行く際はいくつか周辺の釣り場を調べておくと安心です。

 

お手軽ファミリー向け釣り場(湘南港)

家族やメンバーに女子がいる場合はこの釣り場を選ぶのが無難です。

駐車場からは少し歩きますがトイレも近くにあり快適に釣りを楽しむことができます。橋を越えて江ノ島に入り左手に行くとあります。

ここの釣り場は湘南港(湘南大堤防)といい、足場もしっかりしていてファミリーフィッシングに向いてます。

ただ足場が高い位置が多いので、水に落ちないように注意するのと、ライフジャケットは必ずつけるようにしましょう。

ちなみに釣り場周辺に釣具屋があるので、エサが無くなった時や、道具が足りない時などに買い足す事ができます。

その辺もこの釣り場の便利な所です。

釣れる魚

釣れる魚はアジ、サバ、イワシ、コノシロ、メジナ、ウミタナゴ、メバル、クロダイ、キス、メゴチなどが釣れ、時期や日が良いとスズキやイナダなんかが釣れる事もあります。

特に狙っている魚がなければアジやサバをターゲットにしたサビキをメインに釣り、隙をみてキスねらいの投げ釣りや、近くでナブラ(小魚が大型の魚に追われている様子)などがあればルアーを投げると良い結果が出るかも…?

 

大物ねらいの磯釣り場(江ノ島奥の磯)

堤防の釣りも良いけど、ちょっと本格的な釣り場に行きたいよという方は江ノ島の最奥の磯なんかはどうでしょう。

江ノ島に渡って歩道を歩いてずーっといくと、突き当たりにある釣り場です。

近くには岩屋洞窟などがあり、岩屋洞窟を目指して行くとこの磯にたどり着く事ができます。

ただこの釣り場は橋を越えてから30分ぐらい歩いた先にあるので、釣り場に着くまでが大変です。特に道具を沢山持って歩くのは本当に大変です。

そんなに歩くのは無理!!という人は江ノ島の入口のアタリから磯に渡してくれる観光船もあります。

ここでは堤防では狙えない大物の魚が釣れたりするので、わざわざ、ここまで釣りに来るという人も多いです。

ここは比較的安全な磯ですが、タイドプールなどもあり、岩が濡れている所もあります、滑りやすいのでスパイクブーツなどの靴やもしもの場合の時のために救命具は用意しておきましょう。

また海にうねりが入っている時は、ここの釣り場は磯が水面から低いので波が釣り場にかぶってくる場合があるので、波が高い時は釣りに行かないようにしましょう。

また釣り場の近くには観光客がいる場合もあるので、仕掛けを投げる時は注意してください。特にお子さんなどは注意して見てあげてください。

釣れる魚

ここも湘南港と同じ様な魚が釣れますが、潮通しが良いので型が良いアジ、イナダ、カンパチなどの回遊魚やクロダイ、真鯛なんかが期待できます。

この釣り場に行くのなら大物を狙いたいところ、回遊魚やクロダイなどの大物が狙える仕掛けをメインにすると良いでしょう。

サビキで釣る場合は投げサビキを持ってくると良いと思います。

 

まとめ

 

どうですか?いつも江ノ島に観光に行っている人は次は釣りに出掛けてみてはいかがでしょう?

江ノ島はアクセスの良い釣り場です。家族や友達と釣りに出掛けてみてはいかがでしょう。

釣りに出掛けて帰りは観光して帰るのも面白いですし、近くには江ノ島水族館もあります。

シラスなどの魚料理もおいしいです。

魚三昧で楽しめそうです。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。


スポンサーリンク



コメントを残す