蚊の寿命はどれぐらい?

蚊取り線香

夏が近くなってくると人々の平和な生活を脅かす存在である『蚊』が出てきます。

僕の家は3階にあるのですが、3階でもおかまいなしに蚊が入ってきます。

寝てる時に出ようものなら地獄の果てまで追いつめて行って駆除してやりますよ^^;

そんな人間にとっては厄介な存在の蚊、この蚊の寿命ってどれぐらいなのでしょうか?

昆虫の寿命はみんな短いですよね。

セミなんて成虫になってから1週間って言われていますし、(実際は3週間から1ヶ月ほど生きるらしいですが…)

では蚊はどれぐらい生きるのでしょうか?

蚊は人間にとって身近な昆虫ですが意外にもその生態などは知られてませんよね。

蚊の寿命とはどれぐらいなんでしょうか?

スポンサードリンク


蚊の寿命はどれぐらい?

蚊

蚊の寿命がどれぐらいなのかを知っていると、どんな良い事があるのか分かりませんが…笑

敵を知る事は大切、敵がどんなヤツなのか?どんな生態なのかを知る事によって正しく対処できるというものです^^;

そんな我々の宿命のライバル、蚊の寿命ですが。

よく家の中で出会う事が多い『アカイエカ』と、

外で遭遇する事が多いゼブラ模様の『ヒトスジシマカ』

の寿命は共に30日ぐらいだそうです。

 

意外に長い…^^;

30日間、毎日血を吸われるのかというと決してそんな事はなく、この30日という寿命の間に3回ほどしか血を吸いません。

もちろんそれ以上吸うヤツもいるでしょうが、基本これらの種類の蚊は産卵のために吸血します。

産卵回数は2〜3回です。

卵を産むための吸血なので、3回ほどの吸血で十分と言う事です。

逆に言うとどんな蚊でも(ちなみに血を吸うかはメスだけです)1回目で吸った蚊は2回、3回と血を狙いにくると言う事です。

たとえ1回目の蚊との戦闘で血を吸われてしまっても、2回3回と同じヤツがやってきます。

その時に確実に仕留めるようにしましょう。

 

越冬するの?

蚊

蚊の冬の過ごし方はどんな感じなんでしょうか?

ここで疑問に思うのが、蚊の寿命は30日ですよね。冬の間は蚊を見る事がほとんどありません。蚊が産卵するためには吸血が必要でしょうから、冬の間、産卵が出来ずに絶滅しそうな気がします。

蚊は冬の間はどのように過ごしているのでしょうか?

これも我々が良く遭遇する事がある『アカイエカ』と『ヒトスジシマカ』を例に説明して行きましょう。

アカイエカの場合は普通に成虫が越冬します。

アカイエカの場合、成虫は家の家具の裏や奥、ちょっとした隙間などで越冬が出来るそうです。

そういったところで、じっと暖かくなるのを待っているんだとか。

なので秋に産まれたアカイエカの寿命は6ヶ月ほどになりますね。

それに比べてヒトスジシマカは暖かいところを好む蚊なので家の中などで成虫が越冬する事は出来ません。

なのでヒトスジシマカの場合、卵の状態で越冬するようです。秋のヒトスジシマカは隙間や人目につきにくいところに溜まった水に卵を産みます。

その卵が翌年暖かくなるまで越冬するそうです。もちろん雨が降らなければ水溜まりは乾燥してしまいますが越冬中の卵は乾燥に強くかなり耐えることができます。

そして暖かくなるとボウフラとして産まれてくるのです。

生き物の中にはこういった形で冬を過ごすタイプが結構いますね。

人間からすると考えられないのですが、単純に凄いです!!

 

蚊の産卵

出典元 wikipedia

出典元 wikipedia

基本的には蚊の産卵場所は水の中です。ちょっとした水たまりから、沼、ペットボトルの中に溜まった水などありとあらゆるところに産卵します。

驚くべきは羽化から1週間後には産卵を行う事が出来るということです。

羽化から羽化した蚊が産卵するまでがものすごく早いんです。

ちなみに成虫になってから1日〜2日ですでに交尾を行います。

産卵から成長して産卵するようになるまでの流れはこんな感じです。

 

産卵後、産卵した場所の条件が良ければ7日〜12日ぐらいで成虫に

それから1〜2日で交尾

成虫になって2〜3日目で吸血

吸血から3〜4日後に産卵

 

という流れです。一度産卵したメスの蚊は数回産卵する事も可能です。

種類によっては1回の産卵で100個の卵を産むものもいます。

しかしこの卵の数も種類によって違います。

1匹の蚊が100個の卵を産むと考えると恐ろしいですね。

条件が整っている場所には蚊が大量発生しているのもうなずけます。

またこの蚊の卵は先ほども書いた通り種類によっては乾燥に強かったりもします。

なので数ヶ月乾燥していても孵化させる事が可能な種類もいます…

家の周辺で蚊の大量発生に悩まされる場合は水たまりを見つけたらこまめに処分する事が大事になってくるでしょう。

 

蚊に1年中刺される事になる?

 

実は蚊の中には冬になっても吸血してくるものもいます。

しかも最近は温暖化の影響なのかこの蚊の個体数が増えているそうです。

冬でも吸血する事があるかの名前は『チカイエカ』と言います。

この蚊の特徴は何と言っても冬でも人間から吸血する事があると言う事です。

特に都会などで多く存在しているそうです。都会のオフィスなどの冬でも暖かいところを好みます。

冬のオフィスなどで虫に喰われた事はありませんか?もしかしたらそれ蚊かもしれませんよ?

最後まで読んでいただきありがとうございました。


スポンサーリンク



コメントを残す