川越散策のおすすめルートは?

埼玉でおすすめの所はと言われたら、川越や秩父、長瀞になると思います。

他のおすすめの所はと聞かれたらさいたまスーパーアリーナ…?となってしまいそうですが…

とにかく川越や秩父、長瀞は埼玉の中でも素晴らしい所です。

特に今回は小江戸『川越』について書いて行きたいと思います。この『小江戸』というのは『江戸のように栄えた街』や『江戸時代を感じさせる様な街』などの意味があるそうです。

川越でも観光地になっている辺りは街全体が古い町並みになっていて風情を感じます。

そんな川越のおすすめコースやスポットなどを紹介していこうかなと思います。

スポンサードリンク


川越散策おすすめコース

参照元 wikipedia

参照元 wikipedia

川越散策のおすすめはズバリ『菓子屋横丁を目指して歩く』です。川越には菓子屋横丁というお菓子屋さん街があり、観光地の外れにあるので目指して行くと自然と他のお店を見る事ができます。

また歩く距離も散策に調度良いのでおすすめです。

菓子屋横丁を目指して歩きながら気になるお店に寄り道しちゃいましょう。菓子屋横丁の場所だけ調べて本川越駅から歩いて行っても十分楽しめると思います。

今回は菓子屋横丁とその他のおすすめポイントをご紹介します。

菓子屋横丁の場所はこちら

 

 

おかし好きにはたまらない菓子屋横丁

参照元 wikipedia

参照元 wikipedia

もしもお菓子が好きならここがおすすめ!菓子屋横丁は沢山のお菓子屋が集まってできた横丁で、飴屋だったり、煎餅屋など、風情のあるお店が揃っています。

場所も観光地の端の方にあるのでここを最終目的地にすると良いでしょう。

川越駅からだと結構な距離がありますが、本川越駅からだと散策にはちょうど良い距離です。

この菓子屋横丁へ行く途中には様々なお店があるのでここに向って歩くだけでもかなり楽しめます。

菓子屋横丁でのおすすめは長いふ菓子、その名も『日本一なが〜い黒糖ふ菓子』というものがあります。『日本一』ですから相当な長さです。その気になる長さは95㎝!!

参照元 http://tabelog.com/saitama/A1103/A110303/11024414/dtlrvwlst/5133301/

参照元 http://tabelog.com/saitama/A1103/A110303/11024414/dtlrvwlst/5133301/

手に持ってみるとその存在感に驚くはずです。菓子屋横丁で人気のお土産なので、周辺を歩くと他の観光客などが持っているのを見る事ができると思います。

気になった方はぜひ買ってみてください。

その他には飴なども多くの種類があり見て、選ぶだけでも面白いと思います、

菓子屋横丁で僕の1番のおすすめはおせんべいです。それもただのおせんべいではなく。

風船の様なせんべい、『福福せん』です。

参照元 http://mishmash1.blog130.fc2.com/blog-entry-7.html

参照元 http://mishmash1.blog130.fc2.com/blog-entry-7.html

このせんべい、丸い形のせんべいで、驚く事に中が空洞なんです。

中が空洞なので薄い膜の様なせんべいで、口当たりが軽く、またお醤油のこうばしい香りがして絶品です。

一袋が結構大きいのですが、いつも1人でぺろりと食べてしまいます。ぜひお試しあれ。

 

川越のシンボル時の鐘

参照元 wikipedia

参照元 wikipedia

時の鐘は小江戸川越のシンボルになっている建物です。江戸時代からこの鐘でまわりの家に時を知らせてきました。

今は機械に変わってしまったみたいですが、今でも川越の街に時を知らせています。

初めて川越に行く場合はまずは見ておきたいスポットですね。

 

うまい醤油!松本醤油商店

参照元 http://www.hatsukari.co.jp

参照元 http://www.hatsukari.co.jp

ここも川越散策をする時に好きな所の一つで、川越で250年以上続く醤油商店です。

僕はいつも散策する時はここによってお醤油などを買って行きます。

お醤油の他にもお醤油を使った漬け物やドレッシングなども売っているので、何度行っても飽きない品揃えになっています。

またお醤油の蔵の見学もできるらしいので、お醤油作りに興味のある人はぜひ行ってみてください。

近くにはお醤油を使った団子屋さんもあり実際に食べる事も可能です。

実際に蔵を見てお醤油を買うだけでもかなり楽しい体験になりそうです。

また、地酒を使って使って作られた酒まんじゅうも食べる事ができます。

 

芋を使った食べ物を食べよう!

参照元 wikipedia

参照元 wikipedia

川越といえばサツマイモが有名です。川越を散策するならサツマイモを使った食べ物をたべましょう。

川越の観光地に行くと沢山のサツマイモスイーツがあるお店に出会うので、気になったものを片っ端から食べて行くのも面白いと思いますし、事前にねらいを絞って行ってもいいでしょう。

おすすめは『いも恋』です。この『いも恋』は僕が思うに川越の観光地で1番有名なスイーツじゃないかなと、川越の観光地に行ったらとりあえずこのスイーツを食べてみては?

山芋と餅米を使ったもちもちの生地に粒あんとさつまいもが入っています。

さつまいもと粒あんは甘さも控えめなのでどんな方にも食べやすいです。

ケーキの様な華やかな甘さはないですが、さつまいもが持つ豊かな甘さが分かるスイーツです。

お店の場所も川越のシンボル『時の鐘』の近くにあるので行きやすいのもうれしい。

観光地から少し遠くなってしまいますが、紋蔵庵という所で売っている『つばさかりん』というかりんとう饅頭はかなりおすすめのスイーツです。このつばさかりんの特徴は餡にさつまいもを使っている所です。

黒蜜の香ばしい生地にしっとりした餡が絶妙なバランスで入っています。

ただ、地元でも人気のスイーツなので買いに行っても売り切れている事があります。

買いに行きたい場合はまずこのお店に行ってから他の所に行った方がいいと思いますよ。

また、川越周辺に数店舗ありますので行きやすい所にいきましょう。

本川越駅から1番近いお店は喜多院門前店で駅から歩いて10分ぐらいの所にあります。

 

豆好きにはたまらないお店まめ屋川越店

参照元 https://kuradukuri.com/member/%E3%81%BE%E3%82%81%E5%B1%8B

参照元 https://kuradukuri.com/member/%E3%81%BE%E3%82%81%E5%B1%8B

趣のある建物に花豆や小豆、白いんげんなど、多くの種類の豆を売っています。

色々な味付けされた豆も売っているので店の中は沢山の種類の商品で溢れかえっています。

沢山の商品を見て買うだけでも楽しいのですが、さらに嬉しいのが試食をして決める事ができるという点です。

店内には沢山の商品の試食があり、実際に口にしてから買うものを決める事ができます。

 

 

まとめ

 

どうですか?川越にはこの他にも紹介できないほど面白いお店があります。

1回の散策で行けるお店や食べ歩きできるものは限られると思うので何回も遊びに行って川越散策マスターになってください。


スポンサーリンク



コメントを残す